秒速FAX(送信・Plus)の口コミ評判【2020年最新版】使い方、支払方法、解約まで解説 | インターネットfax(ファックス)比較ランキング※無料でおすすめなのはどこ?
⇒【2020年最新版】インターネットfax総合ランキングへ

秒速FAX(送信・Plus)の口コミ評判【2020年最新版】使い方、支払方法、解約まで解説

秒速FAXの口コミ評判と使い方 秒速FAX

みなさんは、インターネットFAXをご存じでしょうか?

たぶんインターネットを使ったFAXだろうなぁ……と鋭いあなたなら察しがつく方が多いと思います

実は、インターネットFAXは多くの会社がサービスを行っています

その中のひとつ、Toones(ツーネス)さんが運営されています「秒速FAX」は完全従量制で使いたいときだけFAXを使えるというユニークなサービスを展開しています

しかも、秒速FAXは送信・受信のサービスがそれぞれ独立しています

Toonesアカウントを取得すれば契約でき、しかも、秒速FAX送信だけの契約なら月額無料、わずか200円からサービスを開始することが出来ます

秒速FAXシリーズは実は以下のような方におすすめのサービスです

  • 年に数度しかFAXを送信しない人
  • 毎日大量にFAXを送信する人

……ということになります

あれ? 利用が少ない人、多い人、両方におすすめってどういうこと?

 

秒速FAXシリーズは、送信に関して月額料金が無料で従量制なので、送っただけしかコストがかからない、さらに送信がMAX3000件まで一斉送信可能のためです

例えば年に数枚だけしか送らない方は、eFaxなどの月額固定制ではトータルで高くつきます

また、毎日1000件などを送信される方は、eFaxなどのサービスではSPAM防止機構が働いてしまい送信ができません

なるほど、従量制で大量送信が可能であることが鍵なのか……

秒速FAXシリーズの特性を知ると、かしこく利用できそうですね

秒速FAX送信 / 秒速FAX Plusのサービスは決して初心者向けとはいえませんが、一度理解するとビジネスツールとして使い勝手がいいです

とくに、受信FAXにパスワードロックがかけられるため、セキュリティがしっかりしているということが特筆できます

この記事を全部みていただければ、量極端な使い方をされる方には秒速FAXシリーズが最適と言うことがわかって頂けると思います!!

使い方次第で最強!な秒速FAXキャンペーンをチェック

そもそもFAXを知らなかった若者の話

こんにちわ、当方、フリーライターをしておりますサカイと申します

わたくしは仕事柄いろんな世代の人と話をすることがありますが、最近とある大学を卒業した若い男性とランチをしていたら、こんなことを言われました。

ファックスって、なんですか?

まったく身もフタもない質問でした。

22歳の彼は物心ついたときからインターネットがあり学生時代には携帯が当たり前になっていて、ファックスといったものを全く知らなかったのです

そんな彼と再びあって晩ご飯を食べたとき、こんなことを言われました

先日、昼ご飯の時にファックスって何って聞いたけれど
実は起業をしてクライアントのやりとりでファックスが必要になったんですよ、調べたら今更ファックスの機械を買うのはめんどくさいので、インターネットでファックスができるサービスのおすすめを教えてくださいよ

わたくしは、彼のこれからのFAX利用スタイルを聞いたところ「まだどうなるか決まっていない」ということでしたが、ITに強いと言うこともあり、秒速FAXシリーズをおすすめしました

 

秒速FAXは契約までが少し難しいかも?

秒速FAXシリーズのメリット、デメリットは以下の通りとなります

【デメリット】

  • FAXの送受信サービスが別体であるので契約がなんだかややこしい印象
  • 秒速FAX Plusは本人確認があるためサービス開始に数営業日かかる
  • 秒速FAX Plusは初期に4000円のポイントチャージが必要(秒速FAX 受信は初期費用は最低200円から)

【メリット】

  • 送信専用の秒速FAX送信のみ契約できる
  • 秒速FAXシリーズなら最低月額520円でインターネットFAXが利用可能
  • 秒速FAX送信は月額無料、最低200円のポイントチャージで利用可能
  • 秒速FAX送信は最大3000件の一斉発信が可能
  • 秒速FAX送信はグループ機能が便利!
  • 秒速FAX Plusはナンバーポータビリティに対応
  • 秒速FAX Plusは受信FAXにパスワードロックがかけられる
  • 秒速FAX Plusは1度に2回線から受信が可能

【その他のメリット】

  • Toonesの運営する、レンタルオフィス、電話代行などのサービスも受けられる

つまり、最初の契約が最大の壁ということになりますね!
ご安心ください、契約はわかってしまえば簡単です!

次項で丁寧にご説明させていただきます

秒速FAX送信なら5分、秒速FAX Plusも利用するならサービス開始に3~7営業日が必要

2019年11月の通信事業法改正により、通信サービス利用には本人確認が必要となっています

このため秒速FAX送信なら5分でサービスインできますが、秒速FAX Plusを利用開始するには3~5営業日が必要となります

すこしだけ複雑なのでまずは流れ図を見てみましょう

秒速FAX送信なら5分でFAX送信が可能!

秒速FAX送信だけを単体で契約するなら以下の手順で5分程度で契約が完了します

  1. Toonesアカウントを登録
  2. Toonesポイントをクレジットカードか銀行振込でチャージ!
  3. 利用開始

わかれば簡単な手順です

コンビニに行くのがめんどくさい」という場合にすぐにFAX送信ができる秒速FAX送信がおすすめです

申込方法は、次に説明する、秒速FAX Plusの申込方法であわせて解説します

秒速FAX Plusには本人確認と4000ptのチャージが必要

秒速FAX Plusを利用するには、本人確認とFAX番号取得のためにToonesポイントの4000ptのチャージが必要になります(秒速FAX送信は200ptで本人確認は不要)

まずは、公式サイトから無料のToonesアカウントを登録します

【1】秒速FAX Plusを利用しない場合はチェックは入れません!

受信専用の秒速FAX Plusを契約する場合のみチェックを入れてください
ここをチェックすると、本人確認作業が必須となり、契約まで数営業日を要することとなります

【2】秒速Fax Plus利用のための本人確認申請をする

秒速FAX送信のみを契約する場合は【2】~【6】の手順は不要です

秒速FAXシリーズのプラン確認まで一気にジャンプしましょう

 

次に、本人確認資料のアップロードを行います

アップロードが行えない方は郵送などでも対応しています

【3】Toonesアカウント登録のメールが来たら登録完了

登録が完了すると、登録完了のメールが来ます
この時点で秒速FAX送信が利用可能となります

秒速FAX Plusを利用する場合は郵送で送られてくるPIN入力が必要ですので注意してください

【4】郵送で送られてくるPINを入力して秒速FAX Plusが利用可能になります

数日すると、登録した住所宛に、PINコードを記載した書類が届きますのでPINを入力して本人確認を完了させます

結構、入念に本人確認するんだねぇ

本人確認は通信業法の改正で義務づけられていますからね

それだけToonesがコンプライアンスに厳格な企業だということです

【5】Toonesポイント4000ptチャージしてFAX番号を取得します

秒速FAX Plusを利用するためには定められたToonesポイント4000ptが必要となりますので、クレジットカードを登録して決済するか、銀行振込でポイントを取得します

こういった、ポイントを先にチャージといった概念がすこし面倒に感じると思います

しかし、このポイントという概念は実際に利用していると実に合理的な考えに思えます

ポイントをチャージしなければFAXサービスが使えなくなりますので、結果的にムダづかいを抑制すること出来ます

【6】FAX番号を050の複数候補から取得します

チャージした4000ptから、新規番号を取得すると以下の費用が差し引かれます

  • 初期費用 1,100pt
  • 日割り月額料金 最大520pt(SOHOの場合)

残ったポイントはFAXの送受信に利用できます
つまり、最大2,380pt相当をFAXの送受信に当てることが出来ます

この2,380ptは毎月の月額料金としても充当されます

また、ポイントはオートチャージという仕組みを使って、毎月不足額+200ptを自動的にチャージしておくこともできます

なんだか、最近流行のオンラインゲームみたいな仕組みだね

そうですね、SUICAのようなポイントチャージ制は合理的ですが、反面でちょっとわかりにくいところがありますね

使い方次第で最強!な秒速FAXキャンペーンをチェック

秒速FAX送信 / 秒速FAXのプランはさまざまなニーズにこたえてくれます

秒速FAX送信 秒速FAXplus
トライアル なし
申込から開設まで 5分~2営業日 3~5営業日
解約 Webから
初期費用(税込) 無料
(最低200ptのチャージ要)
1,100円
(最低4000ptのチャージ要)
月額料金(税込) 無料 SOHO 520円
ベーシック 840円
ビジネス1,030円
支払い方法 クレカ
銀行振込
(ポイント購入)
クレカ
(ポイント購入)
FAX番号 なし 050(複数選択可)
受信無料枠 ビジネス 無料
受信従量制 SOHO 8円/枚
ベーシック 3円/枚
(ポイント事前購入)
送信従量制 10円/枚
(通信時間条件無)
送信可能ファイル 5種類
PDF/Excel/Word
(PDFを推奨)
受信形式 PDF

秒速FAXは送信と受信が別々の契約になっていて、送信プランのみを契約することが出来ます
(仕組み上、受信のみプランを選ぶことは出来ません)

初期費用として秒速FAXのみの契約なら200ptのチャージのみです
また、受信の秒速FAX Plusなら、SOHOコースなら月額520円

他のインターネットFAXでは、月額が最低でも800円程度かかりますので、極めてローコストな運用が可能です

なるほど年に数回程度のFAX利用なら最安値ですね

ビジネスコースなら受信は無料となります

月額は1,030円ですので、実は他のインターネットFAXサービスとくらべて高くありません

秒速FAX送信 / 秒速FAX Plusの解約はとても簡単です

秒速FAXシリーズって、申込がちょっと複雑だから、きっと解約も複雑なんじゃないんですか?

いえ、そんなことはありませんよ!

秒速FAX送信/秒速FAX Plusとも、解約はボタンワンクリックのあと確認メッセージに答えるだけととても簡単です

 

秒速FAX送信は「送信アドレス管理」の「送信アドレス一覧」のところに解約ボタンがあります
間違って押してしまいそうなくらい見つけやすいですね

 

秒速FAX Plusも同じく、「FAX番号管理」の「FAX受信番号一覧」のところに解約ボタンがあります

Toonesアカウントがある限り、どちらのサービスも本人確認なしで再び契約することが出来ます

Toonesアカウントを退会することはできるんですか?

「Myページ」「会員退会」でWebから可能です
ただし契約サービスがない状態でないと退会できません

秒速FAXシリーズは使い方次第で割安になります

秒速FAX
送信
秒速FAX
Plus
jFax eFax メッセージ
プラス
MOVFAX
メール
送受信
ブラウザ
送受信
×
スマホ
アプリ
× × × ×
支払
方法
クレカ
銀行振込
クレカ
銀行振込
クレカ クレカ
銀行振込
口座引落
クレカ
口座引落
クレカ
初期費用 無料 1,100円 1,100円 1,100円 1,100円 1,100円
月額料金 無料 SOHO
520円
ベーシック
840円
ビジネス
1,030円
1,089円 1,650円 871円 1,078円
受信 SOHO
8円/枚
ベーシック
3円/枚
ビジネス無料
月100枚
無料
月150枚
無料
無料 月1000枚
無料
送信 10円/枚 月50枚
無料
月100枚
無料
15円/枚 8円/枚
送信枠
超過分
10円/60秒 10円/60秒 8円/枚
送信
形式
5種 5種 38種 14種 5種
無料
トライ
アル
なし なし あり あり なし なし

※すべて税込(10%)価格 ※MOVFAXはスタンダードのみ表示

秒速FAXシリーズには他社のサービスと比べると、なんといっても送信だけの契約のみなら月額料金がかからないところが最大のメリットです

また、送信コストも1枚10円と他社のサービスに比べて決して高くありません

⇒【人気5社を徹底比較】インターネットfax比較ランキングへ

使い方次第で最強!な秒速FAXキャンペーンをチェック

秒速FAX送信 / 秒速FAX Plusには他社にないサービスがあります

秒速FAX送信には強力なグループ機能と一斉送信機能がある

秒速FAX送信の送信方法は、他のサービスとほぼ同じ、ブラウザとメールによる送信となりますが、以下の特筆すべき点があります

  • 一度につき3,000件まで一斉送信できる
  • グループ送信機能が使える
  • 送信APIによる他ソフトウェアからの制御

秒速FAX送信は、一般的な電話帳(アドレス帳)とは別に、グループの登録と編集が出来ます

グループへの登録は「送信先FAX番号+,(カンマ)+送信先名」で列記します

これって、カンマ区切りのCSV形式ですね

顧客名簿をコピペすれば簡単にグループがつくれちゃいますね

そうなんです、グループ作成がとても簡単なのが秒速FAX送信のすごいところです

 

そして、この設定したグループを選ぶだけでFAXを一斉送信すること出来ます

 

秒速FAX Plusは2回線分の受信ができる

そして、秒速FAX Plusにはこんな特筆すべき点があります

  • ナンバーポータビリティがある
  • 一度に2回線分で受信できる
  • 受信FAXにパスワードがかけられる
  • 受信APIによる他ソフトウェアからの制御

条件は少し限られますが、お持ちのFAX回線から番号そのままでインターネットFAXに移行ができます

また、一度に2回線分FAXが受信出来る仕様なので、FAXが受信中でも別の回線でFAXが受信できます

ファックスDMにとても強い秒速FAXシリーズ

あれ?これって、大量にFAXを送って大量に受信をするような用途に最適なんじゃ?

気づきました?

秒速FAXシリーズは一斉送信と2回線受信機能でファックスをヘビーに活用するには最適なサービスなのよ

そうなんです、大量にFAXをDMして、発注を受けるような方にはとても便利な機能が満載なんです

 

確かに、僕は学校関係ですが、今の時代にとても気になる教材のFAXがDMされたりして、おもわず注文しちゃうことがあるんですよね

ファックスは学校関係ではまだまだ需要がありますからね

実機でFAXをされているところなら、必ず手に取ってFAXを確認する必要があるので、目に触れるというメリットがあります

実はFAX送受信が少ない人にもおすすめ

秒速FAXシリーズは大量にDMをされる方にメリットがある反面、ごくたまにしかFAXをしない方にも最適です

そうか、月額無料で送信できるから、ンビニでたまにしかFAXしない人にも最適なんだ

そう、従量制だからたまにしかFAXしない人にとってはかえってローコストなの

そういうことだね

秒速FAXの仕組みを理解すると自分にあった活用ができそうだね

 

秒速FAX Plusなら受信ファイルにパスワードがかけられ、セキュリティも万全!

秒速FAX Plusの受信形式はPDFのみです
しかしながら、このPDFに設定をすることでパスワードをかけることが出来ます

この機能、意外に重要です

秘匿情報やセンシティブ情報など企業など社内でも目に触れられたくない情報にはパスワードをかけることで、情報漏洩を防ぐことが出来ます

我が社ではお客様から病気に関する具体的な悩みがFAXされることがあるため、受信FAXであるPDFファイルにはパスワードをかけ担当部門のみが開封できるようにしています

送信側が設定するのではなく、受信したFAXに漏れなくパスワードがかかるのが大きなメリットです

秒速FAX Plusは複数のFAX番号を追加できますから、あるFAX番号の受信はパスワードロックがかかるように、他方はパスワードをかけない、といった運用も可能です

使い方次第で最強!な秒速FAXキャンペーンをチェック

秒速FAX送信/秒速FAX Plusはこんな人におすすめ!

冒頭でも述べましたが、秒速FAXシリーズをおすすめできる人は一見すると両極端な人です

  • FAXの送受信が少ないがインターネットFAXのインフラを持っておきたい方
  • 積極的に大量にFAXを送受信をする方

月額料金のコストの安さから月に数件の利用される方にはローコストとなり最適です

また、大量にFAXを送受信される方はeFaxの無料枠は無意味になりますから、グループ機能や一斉送信機能に強い秒速FAXシリーズがおすすめです

秒速FAX Plusは月々のプランを任意に変更できるので柔軟な運用も可能です

逆に、こんな人にはおすすめできません

  • 月に100件程度のFAXの送受信がコンスタントにある人

つまり、eFaxやjFaxの無料枠で毎月がちょうどおさまっている人にとっては、かえってコスパが悪くなります

また、無料トライアルがありませんから、その点でもデメリットでしょう

秒速FAX送信/秒速FAX Plusの口コミはサービスを理解しているかどうかでまっぷたつ

僕は月に3件だけ、メールを使えないご高齢の方に毎月の自治会の会議日程をファックスで送るだけなんで、秒速FAX送信でサクッとおくっちゃいます

月額無料だし、使った分だけのポイント払いだし、僕にはあってるんですよねー

37歳 会社員 男性

秒速FAXシリーズはToonesさんのサービスの一部ですので、電話代行といっしょに利用しています

通信品質が良いので安心してファックスがつかえます

月々の送受信が500枚以上ありますし、受信料がビジネスコースを利用していますので料金は気になりません

大変満足しています

44歳 事業経営社 男性

 

学校関係の皆さんをリスト化して、教材を販売しています

秒速さんは3000件の一斉送信機能と、グループ機能が強力ですので、ターゲット別のDMリストをつくり、全国の教育機関に一斉に送信しています

注文もFAXで行いますので2回線同時受信というのも心強いですね

38歳 教材販売 女性

うーん

僕はあまりめんどくさいのが好きじゃないから、ポイントのチャージとか言われた段階であきらめちゃいました

eFaxやMOVFAXの方が契約やサービスの使い方がわかりやすいのでねぇ

55歳 個人事業者 男性

 

わたし、あんまり機械が苦手で、まぁ、インターネットで調べ物とかするので、まぁまぁパソコンの操作はなんとかなるの

秒速FAX?最初の申込方法を聞いただけでちょっと敬遠しちゃったわ

38歳 主婦 女性

なるほど、eFaxやMOVFAXに比べて申込方法とポイントシステムというところを理解できるかが、秒速FAXシリーズを使うかどうかの境目のようです

実際に使っておられる方は、機能に満足されているようですね!

使い方次第で最強!な秒速FAXキャンペーンをチェック

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました