セブンイレブンファックス【2020最新版】料金・送り方を解説!nanaocoを使った裏技も! | インターネットfax(ファックス)比較ランキング※無料でおすすめなのはどこ?
⇒【2020年最新版】インターネットfax総合ランキングへ

セブンイレブンファックス【2020最新版】料金・送り方を解説!nanaocoを使った裏技も!

このエントリにあたって、まずは最初に言いたいことがあります

コンビニFAXもキャッシュレス決済の時代です

 

こんにちわ!
わたくしフリーライターをしておりますサカイと申します

セブンイレブンのマルチコピーはとっても多機能です

コピー、プリント、スキャンといろいろできるのですが、そのひとつに「ファックスサービス」があります

ファックスは残念ながらオワコン気味のサービスですが、セブンイレブンさんはレガシー(=時代遅れ)サービスもちゃんと提供し続けています

しかも! セブンイレブンのキャッシュレスサービス「nanaco」に対応しています!

これです!これこれ!

店舗によって違いはありますが、ATMとセットで置いてあったりしますよね。

セブンイレブンさんが「マルチコピー機」と呼ぶこのコピー機のでっかいやつ!

こういった、「一つの端末でいろいろなことができる、よくみかける機械」のことをMMK(マルチメディアキオスク)と呼びます

余談ですが、駅の売店でおなじみの「キオスク」という名前は、トルコ語「購買部」的なこぢんまりとした小売店舗を指す言葉です

コピー、デジカメプリント、チケット発行、行政サービス、保険販売など、まさにマルチな機能をこなす「マルチコピー機」に「FAX(ファックス)機能」が統合さているんです

したがって、FAXサービスだけに独立した名称はありませんので、この記事では「セブンイレブンファックス(FAX)」という名称で機能や特徴をご紹介いたします

コンビニでFAXするならセブンイレブンFAXがおすすめ!

コンビニFAXのサービスは大きく以下の2つがあります

  • セブンイレブンFAX → セブンイレブン系 
  • クロネコFAX → その他のコンビニ(ファミマ・ローソン・ミニストップ・ポプラ・デイリーヤマザキ他)

この記事ではセブンイレブンFAXを解説しますが、クロネコFAXの記事も合わせてご覧頂くことをおすすめします

コンビニFAXはおおきく分けて2グループに分かれます

コンビニのFAXは運営主体でおおきく2つのグループにわかれています

簡単に言えばセブンイレブンそれ以外です

セブンイレブンのファックスはセブンイレブン自体が運営をしています

そのほかの大手コンビニは宅急便でおなじみのヤマトホールディングスの子会社、ヤマトシステム開発が運営している考えるといいでしょう

(店舗によってはFAXサービスがない場合があります)

 

それぞれ、特長は以下の通りとなります

 

【セブンイレブンファックスの特長】

  • 操作がキビキビしている
  • キャッシュレス決済(=nanaco)ができる
  • 1000円札が使用できない
  • ファックスは送信のみ
  • 国内のみにしか送信できない

【クロネコファックスの特長】

  • 操作がややもっさり
  • キャッシュレス決済ができない
  • 1000円札が使用できる
  • 限定的だが送受信ができる
  • 海外に送信できる

このうち、受信する機能はかなり制約がありますし、最近は海外にFAXを送ることなどほぼないでしょう
また、操作性、キャッシュレス決済の可否、1000円札の使用可否も、たまのFAXであればほとんど問題になることではないでしょう

つまり、コンビニでのファックスは、以下で説明しますnanacoにこだわりがあればセブンイレブンを選べば良いということになります

セブンイレブンFAXはnanaco(ナナコ)が使えるキビキビFAXです

セブンイレブンFAXは富士ゼロックス製の第三世代とよばれる最新型のカラー複合機がベースとなっています

キャッシュレスに対応し、また、もたつきのあまりない操作感が特長です
ちなみにマイナンバーカードによる行政サービス(住民票などの発行)にも対応しています

正直、クロネコFAXより操作感が気持ちよいですね!

ざっと触ってみてまず感じたメリット・デメリットをまとめてみます
(前述のクロネコFAXとの比較とやや重複しますがお許しください)

【セブンイレブンFAXのメリット】

  • 会員登録や月額料金などは一切不要
  • キャッシュレスサービスnanacoで支払ができる
  • nanacoポイントを貯める・使うことができる
  • 現金(コイン)での支払にも対応
  • キビキビした操作感

【セブンイレブンFAXのデメリット】

  • 現金払いではお札が使えない(コインのみ)
  • nanacoはオートチャージに対応していない
  • 先客がいると待たされる
  • 受信が出来ない

……といったところでしょうか

なかなか使い心地の良いFAXサービスという印象です!

とはいってもセブンイレブンFAXはあくまで送信だけのサービス!!
月に何度も送受信をされるようでしたら、インターネットFAXを検討しましょう

 

セブンイレブンファックスは画面に従ってスムースに送信できます

セブンイレブンFAXでファックスを送るのはそんなに難しくありません

画面に出てくるとおりに操作をすればほとんど迷うことなく送信できるでしょう

セブンイレブンの場合はほとんどのお店にマルチコピー機が設置されています
駅中や商業施設内など、小規模店舗の場合は設置されていないことがありますので注意しましょう

では、実際の送信画面を見てみましょう

まずはマルチコピー機の前にたつところから
セブンイレブンのマルチコピー機は原稿置き台があるので原稿を置いておくのに便利ですね

ファックスを送信するには、「ファックスのボタンをタッチします
日本語だけでなく、英語、中国語にも対応しています

左半分には「nanaco point」のマークが表示されていますが、これは利用料金に応じてnanacoポイントが付与されるという意味です
つまり、ファックスを送信することでnanacoポイントがゲットできます(詳細は後述)

ファックスを選択すると、注意事項が表示されます
010・00・海外には送れないこと、0120でも料金がかかることが明示されています

クロネコFAXとちがって 050には送信できない とは書いていませんね!

次に、送信する相手先のFAX番号を入力します
誤送信を防止するためいまいちど確認したらこれで決定 次へ進むを押します

原稿サイズ、送信画質を選びます
よほど特殊なサイズでなければ、初期値(=送信サイズ:自動 送信画質:高画質)のまま「これで決定 次へ進むを押しましょう

ほとんどの場合、例えばB4など大きめの原稿を送った場合にはA4に縮小されて相手に受信されています
また、高画質を選んでも相手側が高画質に対応していないなどの理由で高画質で受信されないことがあります

送信結果レポート」を印刷するかどうかを聞かれます
ここは、送信したかどうか後で相手にはっきりと証明できますので「プリントする」を選びましょう

原稿が読み取られますのでしばらく待ちます

送信したい原稿が複数枚ある場合は、最大10枚まで追加して読み取れますので「原稿を読み取る」を押して、次の原稿を読み取ります

読み取りが完了したらこれで決定 次へ進むを押します

原稿の読み込みが完了したら支払をおこなって送信します

現金で支払い場合は「コインでお支払い」、nanacoで支払う場合は「nanacoでお支払い」を押します

右下に料金と不足金額が表示されていますので、確認をして「送信スタート」を押してください

支払が完了すると送信が行われますので、完了するのを待ちます
送付先のサービスによって若干待時間が違います

詳しくは後ほど説明します

送信完了後、または送信出来なかった場合も、送信レポートが印刷されます

送信が終了すると、完了画面が表示されます
今一度、ファックスを送る場合は「ファックスを続ける」を押します
終了する場合は「終了」ですね!

ファックスの送信が終わったら、領収書の印刷の有無を選択して終わりです。

クロネコFAXにくらべて画面の表示が丁寧に感じますが、反面で丁寧すぎると感じるところもあります

しかしながら、クロネコFAXとくらべてもボタンを押す回数は、初期値を選んだ場合は2~3回多い程度で、実際はそれほど多くありません

 

セブンイレブンFAXから各種FAXにちゃんと送れる? (送れます!)

送信方法を解説したところで、ふっと疑問がわきました

  • セブンイレブンファックスからインターネットFAXに送れるの?
  • インターネットFAXの会社によって違いはあるの?

ならば! 実際にコンビニFAXから、代表的なインターネットFAXサービスに送付してみましょう

IP電話、インターネットFAXサービスなどに送信できました!

送付の結果としては、IP電話につないだFAXや、代表的なインターネットFAXサービスに無事送信が出来ました

【送信結果】

  • 光回線に繋いだFAX実機(市外局番083) → ○送れました!
  • eFax → ○送れました!
  • jFax → ○送れました!
  • MOVFAX → ○送れました!
  • 秒速FAXPlus → ○送れました!
  • メッセージプラス → ○送れました!

 ※午前3時にセブンイレブン綾羅木店よりFAX送信をした

クロネコFAXではメッセージプラスに送信出来なかったのですが、セブンイレブンファックスは全てに送信出来ました!

ただ、これはあくまでとあるセブンイレブンで送った結果ですので、他店舗では送信状況が違うことがあると思います

あくまで参考程度にしてくださいね

ちなみに、インターネットFAXサービスってなに?という方は以下の記事をご覧下さい

 

 

送付先によって送信速度の違いが! 最速はMOVFAXでした!

代表的なインターネットFAXに送信出来ることはわかりました
では、サービスによって何か違いがあるのでしょうか?

実は違いがあるんです!

送付先のサービスによって送信速度が違います!

その違いを確かめるため、実際に時間を計ってみました!

ランキング発表!各サービスには最大1.8倍の送信スピードの違い!

1位 送信41秒 : MOVFAX
2位 送信49秒 : eFAX /jFax
3位 送信67秒 : メッセージプラス
4位 送信69秒 : 秒速FAX Plus
5位 送信74秒 : 光回線に繋いだFAX実機 (市外局番083)

※午前1時にセブンイレブン綾羅木店より送付

わたくしは以前からMOVFAXはなんか早いなーと感じていましたが、実際に送信してみるとダントツに早いですね!

こういったカタログスペックに現れないところにも差があるのだなぁと感じます

送信にはインターネットFAXラボ作成のテストチャートを使用しました

クリックでワードファイルをダウンロード

今回のテストには、インターネットFAXラボが作成した、ファクシミリテストチャートを使用しました

これは画像電子学会ファクシミリテストチャートNo.4をベースにFAX送信が60秒前後となるように文章・画像を調整したものです

なお、この結果はあくまで参考です

送付時間、店舗・チェーン時間で送信速度は変動しますのでその点はご了承くださいね!

 

セブンイレブンファックスにもnanacoを最大限つかっちゃいましょう!

セブンイレブンファックスではnanacoがつかえる!というのは前述の通りです
これは単に決済がキャッシュレスで支払えるという以上に、大きなメリットがあります

  • コピー・プリント・スキャン・ファックスサービスと合算して月単位でnanacoポイントが溜まる!
  • nanacoのボーナスポイントをファックス送信料金に利用できる

ファックスをたまにしかつかわないというそこのあなた!

nanacoの余ったポイントや、ボーナスポイントをためてファックス代金をほぼ無料にしてしまいましょう!

コピー・プリント・スキャン・ファックスの代金は月合算で200円に1ポイント!!!

なんといってもコンビニのマルチコピー機でよくつかうのは、コピーやネットプリントでしょう

nanacoをお持ちのあなた!
現金で支払うとちょっと損をしていますよ!

実はセブンイレブンのマルチコピーの利用料金は合算して月に1度ポイントが付与されているのです!

みなさんもご経験があると思いますが、カラーコピーやネットプリントなど、セブンイレブンのマルチコピー機の利用料金は、意外にコストがかかります

カラーコピーなんてA3で何枚もしているとあっという間に1000円を超えてしまいますよね!

このコピー代金をnanacoで支払うことで、200円に1ポイントではありますが、ポイントが付与されます

例えば1600円使えば8ポイントもらえます
たかが8ポイント、されど8ポイントです!

nanacoのボーナスポイントを利用してファックス料金をタダに!

nanacoにはnanaco会員の特典として、ボーナスポイントが加算されることがあります

例えば、こんな感じです

お弁当や飲み物などを頼むと、+5ポイント、+10ポイント、+5%など本来の200円に1ポイント以上にポイントが付与されます

この写真にありますように、5%ボーナスということであれば1000円(税抜)の商品を買えば50ポイント!

つまり、ファックス1枚分相当が実質無料となります

nanacoのボーナスポイントの詳細は
セブンイレブンの公式ページでチェックしましょう
nanacoのボーナスポイントはその場でゲットでき、すぐに使うことが出来ます
ですので、お弁当や飲み物などでボーナスポイントをゲットしてからファックスをすることで、料金をお得にすることができます
そんなめんどくさいこと!と思われるかも知れませんが、せっかくセブンイレブンでファックスをするなら、ぜひともnanacoを使ってかしこくお得にファックスをしましょう!

セブンイレブンファックスはnanaco連帯が一番の醍醐味ですね!

コンビニでのファックスは、会員登録不要で手軽にFAXが出来るというのが一番の魅力ですね
クロネコFAXが単純にマルチコピー機として単体でのサービスで完結しているのに比べて、セブンイレブンFAXはnanacoが使えることで、コンビニと一体化したサービスとなっています
こちらは筆者がついで買いしてしまったものです
みなさんも経験があるでしょうが、ファックスやコピーをしにいくだけのつもりが、ついつい雑誌やお菓子やパンやホットスナック、おでんなど、ついで買いしてしますよね!
それがコンビニ運営会社の狙いですが、やっぱりついついのってしまいます
どうせのせられるなら、nanacoをつかってちょっとだけお得感を味わいましょう!
なんだか、ファックスの話からちょっとそれてしまいましたが、
最後にヒトコト……
ひんぱんにFAXをされる方はやっぱりインターネットFAXがダンゼン便利です!
(ついで買いもないですしね)

コメント

タイトルとURLをコピーしました